住宅デザイン→る女性が展示物の解説を見て

建築業界の現状なんのこっちゃ

四000室や五000室もある超巨大ホテル群。そしてにぎやかなネオンに彩られたカジノ。室内に入ると、外界から完全に隔離され、時間の感覚が麻痺してしまう。言うまでもなく、ギャンブルに没入させるためだ。娯楽産業によって膨れあがった街だが、100年以下の歴史しかもたない。一九三一年にネバダ州でギャンブルが合法化され、ラスベガスは歩み始めた。そして究極の人工都市へラスベガスと言えば、危ないイメージがある。実際、映画『バグジー』(91バリー·レヴィンソン監督)でも描かれたように、ギャングの男がフラミンゴ·ホテルを建設し、二0世紀半ばの発展につながった。しかし、現在のラスベガスは違う。一九八0年代から家族で安心して楽しめるリゾートとして再開発に着手し、九0年代以降はテーマパーク的なホテルが次々に登場したからだ。

マンション共用部の電気設備の稼働の特徴を元

例えば、ピラミッドとスフィンクスを組み合わせたルクソール(3)、中世のお城をイメージさせるエクスカリバー(90)、ライオンのいるMGMグランド(93)、サンマルコ広場のあるザ·ヴェネチアン(99)、エッフェル塔のコピーがあるザ·パリ(99)などである。そしてニューヨーク·ニューヨーク(97)のホテル兼カジノは、1/3に縮小したエンパイア·ステート·ビルや自由の女神にジェットコースターが絡む。しかも、それぞれのテーマホテルでは、噴火や海賊船のショー、あるいはサーカスなど、様々なアトラクションを行う。内容も無料だとは思えない充実ぶりだ(むろん、ギャンブルで儲けた利益を還元しているのだろう)。カジノをしなくても十分に楽しめる。三日間の滞在で筆者がギャンブルに使ったお金は、せいぜい一0ドルだった。

年末年始のラスベガスのホテルを押さえるのは大変である。アメリカ全土から訪れる観光客が深夜のカウントダウンを楽しみにしているからだ。

 

マンションであれば駅前でも購入費用が安く

リフォームの予算住宅デザイン→る女性が展示物の解説を見て

実際に予約を行うのが遅れたせいもあるのだが、日本から10以上のホテルにファックスを送り、ようやく街外れの宿を確保した。フリーモント·ストリートのアーケード(95)は、全長四二0メートルにわたって二10万の電球をしかけ、コンピュータ制御のショーを定期的に行う。半屋外の通路が壮大な映像のトンネルと化すのだ。ここで新年を迎えたのだが特別のプログラムを組んでおり、天井を見上げると、HAPPYNEWYEARの文字が躍っていた。
新年には、妻の菅野裕子がファンだったこともあり、オリビア·ニュートン·ジョンのショーを鑑賞した。それぞれのホテルでは、七0年代や八0年代に流行したロックやポップスの懐かしい歌手がラインナップされており、アメリカの芸能界の上がりとしてラスベガスが存在していることがうかがえる。
コンサートはよかったのだが、帰りのタクシーでは、白タクでないにもかかわらず、料金の上乗せを強要され、嫌な思いをした。

家の値段に足りなければそれからは、必ず車のナンバーと運転手の名前をチェックするようにしてい
ザ·ストリッゾーラスベガス近代の建築家は、国家的な議事堂や文化的な美術館などを良質な仕事と考え、経済効果が重視される商業施設を低いものとみなしてきた。確かに、公共の施設はコストが第一ではなく、人々が誇れるような芸術性が求められる。実際、近代は、ル·コルビュジエのチャンディガールの議事堂やフランク·ロイド·ライトのグッゲンハイム美術館など、市民に開かれた施設の傑作が多い。一方、商業施設は美観よりも、多くの客が集まるように、とにかく目立つことを優先させる。だが、芸術性によって注目されるのではない。けばけばしい郊外のパチンコ店、派手な色使いの安売り店、ネオンがどぎつい水商売の店のように、建築そのものが看板のようになって人を誘う。

建築学の教科書でも、商店はほとんど問題にされない。大学の設計課題でも学校や美術館が出題されても、百貨店やロードサイド·ショップはまず出てこない。建築家は公共施設の空間を構築するのに対し、デザイナーは商業施設のファサードやインテリアのみを扱うという思い込みがあるからだ。
マンション大規模修繕工事
マンション大規模修繕工事

住宅の根本義であるとして寝室専用

家契約となる一般だがわれわれは毎日、美術館を訪れたりはしない。普段、議事堂とも縁がない一方、コンビニやスーパマーケットは日常的に利用している。あるいは、混雑した市場。平凡で、ときには醜いものが、われわれの身体感覚と近い。これらは建築家が意図的にデザインしたものではないために、かえって都市の無意識をよくあらわしている。近代以前の町家や民家がそうであったようにポストモダンの建築は、そうした資本主義の風景から生まれた。一九五0年代にイギリスのスミッソン夫婪は、過去の古典主義ではなく、現代の広告から建築家は学ぶべきだと主張した。
「グロピウスは穀物サイロについての書物を書き代、われわれは『広告』を集める」ル·コルビュジエは飛行機の本を書き……だが五0年彼らには機械の美学に目覚めた二0世紀初頭の近代建築家と違う感性が宿っている。どうどうたるモニュメントが不変であるのに対し、商業的な空間はうつろいやすく、変わりやすい。しかし、はかない存在にこそ、リアルな都市が観察されるのではないか。
ロバート·ヴェンチューリは、六0年代にイエール大学の学生を引き連れて、ラスベガスのザ·ストリップと呼ばれるメインストリートの商業建築を調査し、デニス·スコット·ブラウンとともに、ポストモダンのバイブル『ラスベガスから学ぶこと』にまとめた。芸術家肌の近代建築家やアカデミーが軽蔑した、サブカルチャー的なポップ建築が対象であるしかし、彼らは道路沿いに発展したギャンブルの街の観察から、あひる装飾された小屋という概念を導く。

初めから都市で暮らすために考えられた家

前者はあひるのかたちをした商店やホットドッグ型のホットドッグ店のように、施設の内容を全体の造形で行うものである。一方、後者は車道の横に大きな看板を設け、その背後に箱型の機な建物を離して置く。宣伝と中身を分けているのだ。そして車社会と情報化の時代における建築は装飾された小屋の方がふさわしいという。ヴェンチューリによれば、近代建築はそれが嫌うあひると似ている。内部の機能を外部の形態で無理に説明しようとするからだ。ともあれ、ポストモダンはストリート感覚から生まれたのである。
七六年、ヴェンチューリらは「サインズ·オブ·ライフ」という展覧会を開催した。これは有名建築家の作品を紹介するのではなく、都市の日常にあふれる看板や装飾を再構成して展示するものだった。
その結果、幅広い反響を呼んだが、建築界は彼の反建築的な態度に冷ややかだった。翌年、批評家のチャールズ·ジェンクスは、『ポストモダニズムの建築言語』(77)を刊行し、情報の伝達を問題にした。マンション大規模修繕


住宅デザイン→る女性が展示物の解説を見て 住宅って何プレハブ 家が近接する工事の現場代理人