子どもに合わせてあげてほしいのです

子どもに出てしまった症状

それは未知のものに対する危険や恐怖を取り除く唯一の方法なのだ。知ることは生き残ること。それは人間が生き残るために脳にプログラムされた知性の卵のようなものだ。しかし、放って置いても子どもは学んでいくのは間違いない。その学びは生き残るための学びであって、人生を豊かにしていくための学びとは質が違う。前の章で見守られることの大切さで述べたことだ。

いちばんはじめの教育はトイレの

生き残るための学びだけでは、ただの野生動物にしかならない。人としての心の豊かな交流などは望めない。そんな人間に育てて良い訳がない。だから、見守るのだ。見守ることで、生き残るためだけの学びから、豊かになるための学びにシフトさせることができる。ただし、見守るだけでも不十分なのだ。

 

子どもの後を追うのにふうふう言ったものです

出てくる「もののけ」たちは、ドクターイエロー、N700系、キハ120系、特急ゆふいんの森、ホイールローダー、タンクローリー、カーキャリアトレーラー、レスキュー車、車……もういいですか?これが永遠に続きます。まっすぐに興味·関心が向きます。とことんいきます。好きならずーっと好きです。それ以外のものが目に入りませんし、関心もありません。男の子は全員が「オタク」です。それぞれに嗜好の違いはありますよ。しかし、自分の好きなもの、興味関心のあるものに対する集中力や思い入れはすごいものです。

幼児について◆同じ服しか着ない、勝手にカギ係.これは良いことでもあります。集中力があるということですから。いろいろな言葉や単語を覚えますし、図鑑全部を暗記してしまうこともあります。チラッと写真を見て「JR九州特急指宿のしかし、お母さんは素直に喜べない。「あ、うさぎさんいた-」などと、かわいいテイストの絵本を一緒に楽しみたいのに、なんだかいつも機械がガチャガチャしている。

<<子どもに絵本を読み聞かせているときには前頭葉はあまり働かないのですが
特に後から貰った犬は、人がいない不安から太り始めました。最初は単なる肥満だと思って、別段気にしてはいませんでした。その犬はロングヘアーのミニダックスで、馬の鬣のような見事な尻尾をしていたのが、ゴボウのようになってしまいました。そして、あまり便をしなくなった為、獣医に連れて行きレントゲンを撮ると、腸に便が溜まり、膨れ上がっていたのです。いわゆる、ストレスによる便秘で、溜まった便で体が膨らんでしまっていたのです。
>> 幼児自身がもともと持っているさまざまな種が+9発揮できるようにすることその為には
その犬に便を出させようと、油分を取らせたり、芋を食べさせたり、色々と手を尽くしたのですが、一向に改善されません。最終手段として、獣医が犬に浣腸して出させる事に一度は成功したのですが、犬の浣腸は命の危険があると言う事で、極力避けようとその後も便を出させようとしていました。しかし、便が嘔吐となって出始めてしまった為、二度目の浣腸を行う事になったのです。しかし、今度は下痢が止まらなくなってしまい、そのまま死んでしまいました。また、最初に貰った犬は、前足の爪で歯を掻く行動が始まりました。