育児の悲劇はここに始まるテストで完全に全部できるなどというのは人間業ではない

幼児の自発性の発達を大切にしそれを

子どものケンカは、取っ組み合い、耐えて忍耐を身につけるののしり合いと進化します。さらに精神的に成長すると、汚い言葉を使わなくても相手を精神的に追い詰めることができると気づきます。無視や距離を置くなどの「態度の暴力」を使用するようになるのです。態度の張り合いは目には見えませんから発覚が遅れますそれが組織だって行われると仲間はずれやいじめということになります。態度の張り合いは女性のほうが得意なように思います。男子はあんまりやりませんね。特にやんちゃ坊主といわれるような子逆にそういう子は、女の子の言葉の暴力や態度の暴力の餌食になっちやうことがありますで、言葉の暴力や態度の暴力で袋だたきにあったとき、やんちゃ坊主の唯一の反撃手段は、物理的暴力です元気のいい男の子がひっかかりやすい危険な罠その罠から我が息子を守るには、「悔しいけれど手を出したら負け。そこは耐えろ」ということを言って聞かせるしかないです「悔しいときにはママやパパがちゃんとボクの気持ちをわかってくれる」という安心感があれば、耐えることができるはずです。それが本当の忍耐です涙を流す経験で自分の気持ちを語れるようになるケンカの真っ最中はケンカの原因なんて忘れて、とにかくやってやろうと思っています。どこかのタイミングで心が折男の子だってエンと泣き出します。そのとき涙といっしょに、「この前だってボクが譲ったのに、のか、本音がぽろりとこぼれたりします」どうしてケンカをするほどにムキになった男の子にとって泣くことは屈辱的なことです。

育児に興味を持ったのは

  • 子どもはそういう経験を積んでいるのです
  • 幼児の冒険は大いに認めてあげたいのですもちろん
  • 子供とのコミュニケーションで上手く質問返しを使うコツは


育児が楽しくなります


幼児と先生の様子や

そういういやな目はすこしでもすくない方がいい。かわいいわが子は受験の心配がないところへ入れたいというのが親心らし国立大学の付属小学校の入学試験はどこもたいへんな激戦になる。それが魅力で殺到する入れば中学、まずフリーパス戦前は付属学校といえば国公立の師範系学校に限っておかれていたものが、戦後は私立大学も付属中学校付属高等学校をもつようになって、むやみと数がふえた。私立ではそれが大学へ入る近道というので、これまたたいへんな難関になっている。世間はとんだ誤解をしているのである。

しつけの基盤になると言ってよいのである

こどもにとって付属学校は決して楽園への入口ではない。かもしれない。楽あれば苦あり、ということはここでもあてはまる。かりにいま四人の同い年のこどもがいるとしよう。一郎、二郎、三郎、四郎君と呼んでおく。一郎は名門付属小学校へみごと合格したが、さほど能力に差のないと思われた二郎、三郎、四郎は落ちた三人は近くの公立小学校へ入る。やがて六年がたった。


幼児は体力や知力を使う機会を常に切望しているのです

幼児の気がすむまで

ただ、きたない手で直接さわっていると、亀頭と包皮の間にばい菌が入って炎症を起こすことがあります。亀頭包皮炎といいますが、おしっこをするとしみてとても痛く、パンツに黄色いうみがついたりします。直接さわっているのを見たときは、「きたない手でおちんちんをさわっていると、ばい菌が入って痛くなるよ」と教えてあげるといいですね。亀頭包皮炎は小児科で治療すれば治りますが、炎症の痛みは相当強いので、それにこりてさわらなくなる子もいます。最近、おしっこが近くなりました最近急に、おしっこが近くなりました。


教育と無関係とは思われないこどもはテレビが大好きであるしかし

30分に1回くらいトイレに行きますが、尿意はあるのにほとんど出ないこともあるようです。ストレスがあるとトイレが近くなると聞いて、何か気になることがあるのかと、(5才·女の子)緊張やストレスなどさまざま。しからず、気がすむまでトイレに行かせて急におしっこが近くなったのであれば、緊張、ストレスなどが原因だと考えられます。おしっこがしたいのにトイレになかなか入れなかったとか、おもらししてはずかしい思いをした、などの体験がきっかけになることもあります。こうした心あたりがなかった場合は、何かのサインかもしれません。