発毛からの育毛という流れを考える

昨今、薄毛に悩む人が増えている。

特に男性に多いのは、男性ホルモンのバランスが毛髪に影響を与えるためだというのはよく聞く話である。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという変換酵素の働きで、デヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが脱毛を引き起こすのである。

これらの問題は、年を重ねる毎に自然の摂理として引き起こされるため、食い止めることができないという現状があるのも事実である。


しかし、仕方ないの一言では片づけられない悩みがそこには存在する。

抜けてしまった毛髪をなんとか元に戻す方法はないのか。

なくなったものを増やす発毛、そして生えはじめた毛髪を育てる育毛の方法について、いくつか挙げてみようと思う。

まず、発毛する土台となる頭皮も、肌の一部ということを忘れてはならない。

つまり、発毛のためには女性のスキンケアと同じように、毎日頭皮のケアを丁寧に行うことが大切である。

医薬品や高価なシャンプーなど、特別なことをしなければ発毛しない、という考えは実は間違いなのである。


頭皮のケアを続けることにより、頭皮は回復し、ある時発毛させるスイッチが入る時が来ると言われている。

それがいつやってくるのかは個人差があるというが、いずれにしろ、頭皮の状態が健康なものになることが絶対条件となってくるのである。

このスイッチが入って発毛すれば、あとはその毛髪を育てるのみである。

育毛に関しては、いわゆる育毛剤などを試す価値もあると思うが、とにもかくにも新たに発毛してきた毛髪があってこその話である。

つまり頭皮のケア、これが何より大事だと言えよう。

Leave a Reply