何かと便利なマンスリーマンションを利用しています

わたしが、とある理由からこのマンスリーマンションを利用しだしてから、すでに半年近い月日が過ぎ去っていってしまいました。わたしがこのマンスリーマンションを借りたのには深い訳があるのですが、今はまだその理由を話すわけにはいきません。今日もこの冬空の下、一日中東京の下町を歩き回っていました。やっとこのマンスリーマンションに戻ってきたところなのです。まずは最初に暖かいコーヒーでも飲んで、芯から冷え切ってしまった身体を温めさせてください。
やはりあなたは理由が気になるとおっしゃるのですね。分かりました。あなたにだけ、お話ししましょう。しかし、それを聞いてどう判断するかは、すべてあなた次第ですよ。わたしは今後一切関係ない、という事はお約束願えますでしょうか。じつは、わたしの姪っ子に起きた出来事がそもそもの発端なのです。私の姪っ子は私立の女子短期大学に7か月前まで通っておりました。その時に、同じく京都の国立大学へ通っていた一人の学生と知り合い親しくなったのです。
親しくなった男子学生というのが現在この東京の空の下のどこかにいるのです。姪は東京の浅草にある演芸場で働いております。大学の先輩に誘われて、ある有名な芸人さんと知り合ったことから、その芸人さんの弟子をしているのです。姪と付き合っていた学生はどうやら姪っ子のことが気に入っていたようで、姪が上京すると、すぐにその後を追って上京したのです。わたしは姪に頼まれて、このマンスリーマンションに仮住まいをしてその学生の行動を見守っているのです。

Leave a Reply