Press "Enter" to skip to content

家が近接する工事の現場代理人

家づくりを見ていて思う事

パリでは、他者がモザイクのように組み合わさる。それを美しい結晶としたのがアラブ世界研究所だ。かくいう筆者も異邦人としてパリに関わった一人である
ラ·ヴィレット公園-パリフランスパリを訪れやすい理由があった。筆者の妹五十嵐ジャンヌが先史美術を研究するために、五年ほど人類学博物館に留学しており、ヴィル·ジュイフという街に住んでいたのである。ちなみに妹は純粋な日本人。兄が太郎、妹がジャンヌで、それぞれ日仏を代表する名前になっている。いつでも泊れる場所があると、旅の拠点として本当に便利だ。迷うことがない。ヴィル·ジュイフのアパートは、パリの南部の少し外れだが、地下鉄のネットワークがはりめぐらされており、中心部のオペラ座まで1110分以内でたどり着く。
パリは一九八0年代に大きく変身した。八九年の革命1100年祭と九二年のEC統合を見込むグラン·プロジェという国家的な建築プロジェクトが推進されたからだ。前述のアラブ世界研究所のほかオルセー美術館、ルーブルのガラスのピラミッド、新オペラ座、グラン·アルシュ、新フランス国立図書館など、世界的な建築家によって質の高い建築が設計され、新しい観光名所が次々に誕生した。過去の遺産に甘んじるのではなく、新しい都市の魅力をさらに増やす、フランスの大統領たちの手腕はさすがである。こうした大胆さは、煮えきらない日本の都市再生プロジェクトでも、ぜひ見習って欲しいと思うパリ北東の郊外の旧食肉処理場につくられたラ·ヴィレット公園(91)も、グラン·プロジェの一環として登場した。難解な理論で知られるバーナード·チュミがコンペに勝利し、偶発的なイベントを誘発するランドスケープ·デザインを試みた。を表すフォリー遊楽の別荘に由来する庭の東屋を一110メートル間隔のグリッド状に配列し、次にをあらわす東西と南北の二本の歩廊や曲がりくねった遊歩道を設け、さらにを表すオープン·スペースを置き、複数の層を重ねあわせる。
色んな経験に向き合え

家庭に最適のセットといえ


家であるとは思えない

>家であるとは思えない点在する赤いフォリーの群用途はカフェ、レストラン、展望台、スタジオなどは、ロシア構成主義の実験的デザインを連想させる様々な形態の組み合わせを行い、緑の風景のなかで快いアクセントになって
ラ·ヴィレット公園は、放棄された競売場を転用した科学産業博物館や、水に浮く球体劇場のジェオドなど、見所が多い。クリスチャン·ド·ポルザンパルクによる北端の音楽都市(94)は、機能ごとに分けた断片的なヴォリュームの集積として構成され、建築でありながら、文字通り小さな都市のようだ。
チュミの全体計画を尊重し、自ら設計した赤いフォリーも埋め込む。もっとも、酉棟は波打つ屋根が全体を覆い、統一感を与える。
音楽都市はクラシック系の複合施設だが、公園のホールでハードロックのコンサートが催されると向かいのマクドナルドからこの周辺がパリのロッカーたちで埋めつくされる。日本に比べると、パリはロックの人気がないので、不思議な光景だCDショップで、話しかけられたフランス人に尋ねても、フランスのいいバンドがないという。筆者が公園で見たライブは、前座が二つ続き、お目当てのイギリスのバンドが出る頃にはかなり遅い時間になっていた。二四時を過ぎても終わらない。結局、アンコルの声を背にして会場を出た。パリの端から端へ。ヴィル·ジュイフには、ぎりぎり終電で戻ることができた。

ショーの製塩工場-アルケ·スナンフランス旅行をするとき、もっとも煩雑なのは宿を替える作業だ。重い荷物をもって移動するからである。したがって、その回数を減らすために、大きい都市を軸足にして、日帰りできるところはなるべくそうしてしまう。フランスでは、リヨンから遠出を試みた。
まず、ル·コルビュジエのラ·トゥーレットの修道院(53)を訪れた。リヨンからは電車と徒歩で一時間程度なので、ほどよい距離である。駅を降り、坂道をのぼると、やがて傾斜地にたつ美しい建築が現れる。全体の構成は、四方から中庭を囲み、そこに十字の廊下を入れるというもの。


建築会社の設計提案を

家族団欒という行為が重視されその行為

家族の命や健康を守ること私そして重厚感のあるコンクリートの壁、繊細な窓のデザイン、生き物のように奇妙な突起物、地形と絡む斜路、赤青·黄の内壁、そして礼拝堂の天井にうがたれた光の筒。短い字数ではほとんど説明不可能な建築である。シンプルだったモダニズムは、かくも豊饒な複雑さを抱えるに至った。個人的にもひとつの建物を撮影するのに要した写真の枚数の最高記録を打ち立てたのが、ラ·トゥーレットである。へんな基準だが、それだけ見せ場の多い建築なのだ。これは建築を学びはじめて間もない頃、製図の授業で平面図のトレースをさせられた作品でもある。しかし、現地を訪れ、この建物を何も理解していなかったことを思い知らされた。やはり空間を経験すべき作品なのである
ここで二つの情報を得た。ひとつは修道院に宿泊できること。次回は面倒でもぜひ泊まりたいと思った。もうひとつは、一八世紀の建築家クロード·ニコラ·ルドゥーが設計した製塩工場への行き方である。これは工場を中心とした円形都市のユートピアが構想されたことで知られている。見学にきていた韓国人の学生に詳しいことを知っているかと質問すると、近代以前の建築には興味がないという。しかし、筆者は卒業論文で、同時代のフランス建築を調べたこともあって、その場で翌日に行く決心を固めた。問題は交通である。アルケ·スナンという田舎町では、電車の本数が極端に少ない。時刻表を調べると、リヨンからの日帰りでは、どうしても乗り換えで1駅分がつながらない。だが、急遽入れた予定なので、後の影響を少なくするために宿は替えたくない。乗り換えには11時間程度の余裕がある。そこでタクシーがなくとも、一駅分なら歩けばなんとかなるだろうと考えた。
当日、道がわからないので線路の上をひたすら歩いた。誰もいない外国の田舎をひとりで歩くのはさすがにちょっと怖い。途中、『スタンド·バイ·ミー』86ロブ·ライナー監督という映画で、少年たちが線路づたいに歩くシーンがあったことを思い出した。
引越し段ボールの見積もり

建築会社の設計提案をパリでは、他者がモザイクのように組み合わさる。それを美しい結晶としたのがアラブ世界研究所だ。かくいう筆者も異邦人としてパリに関わった一人である
ラ·ヴィレット公園-パリフランスパリを訪れやすい理由があった。筆者の妹五十嵐ジャンヌが先史美術を研究するために、五年ほど人類学博物館に留学しており、ヴィル·ジュイフという街に住んでいたのである。ちなみに妹は純粋な日本人。兄が太郎、妹がジャンヌで、それぞれ日仏を代表する名前になっている。いつでも泊れる場所があると、旅の拠点として本当に便利だ。迷うことがない。ヴィル·ジュイフのアパートは、パリの南部の少し外れだが、地下鉄のネットワークがはりめぐらされており、中心部のオペラ座まで1110分以内でたどり着く。
パリは一九八0年代に大きく変身した。八九年の革命1100年祭と九二年のEC統合を見込むグラン·プロジェという国家的な建築プロジェクトが推進されたからだ。前述のアラブ世界研究所のほかオルセー美術館、ルーブルのガラスのピラミッド、新オペラ座、グラン·アルシュ、新フランス国立図書館など、世界的な建築家によって質の高い建築が設計され、新しい観光名所が次々に誕生した。過去の遺産に甘んじるのではなく、新しい都市の魅力をさらに増やす、フランスの大統領たちの手腕はさすがである。こうした大胆さは、煮えきらない日本の都市再生プロジェクトでも、ぜひ見習って欲しいと思うパリ北東の郊外の旧食肉処理場につくられたラ·ヴィレット公園(91)も、グラン·プロジェの一環として登場した。難解な理論で知られるバーナード·チュミがコンペに勝利し、偶発的なイベントを誘発するランドスケープ·デザインを試みた。を表すフォリー遊楽の別荘に由来する庭の東屋を一110メートル間隔のグリッド状に配列し、次にをあらわす東西と南北の二本の歩廊や曲がりくねった遊歩道を設け、さらにを表すオープン·スペースを置き、複数の層を重ねあわせる。


家づくりを見ていて思う事

点在する赤いフォリーの群用途はカフェ、レストラン、展望台、スタジオなどは、ロシア構成主義の実験的デザインを連想させる様々な形態の組み合わせを行い、緑の風景のなかで快いアクセントになって
ラ·ヴィレット公園は、放棄された競売場を転用した科学産業博物館や、水に浮く球体劇場のジェオドなど、見所が多い。クリスチャン·ド·ポルザンパルクによる北端の音楽都市(94)は、機能ごとに分けた断片的なヴォリュームの集積として構成され、建築でありながら、文字通り小さな都市のようだ。
チュミの全体計画を尊重し、自ら設計した赤いフォリーも埋め込む。もっとも、酉棟は波打つ屋根が全体を覆い、統一感を与える。
音楽都市はクラシック系の複合施設だが、公園のホールでハードロックのコンサートが催されると向かいのマクドナルドからこの周辺がパリのロッカーたちで埋めつくされる。日本に比べると、パリはロックの人気がないので、不思議な光景だCDショップで、話しかけられたフランス人に尋ねても、フランスのいいバンドがないという。筆者が公園で見たライブは、前座が二つ続き、お目当てのイギリスのバンドが出る頃にはかなり遅い時間になっていた。二四時を過ぎても終わらない。結局、アンコルの声を背にして会場を出た。パリの端から端へ。ヴィル·ジュイフには、ぎりぎり終電で戻ることができた。

ショーの製塩工場-アルケ·スナンフランス旅行をするとき、もっとも煩雑なのは宿を替える作業だ。重い荷物をもって移動するからである。したがって、その回数を減らすために、大きい都市を軸足にして、日帰りできるところはなるべくそうしてしまう。フランスでは、リヨンから遠出を試みた。
まず、ル·コルビュジエのラ·トゥーレットの修道院(53)を訪れた。リヨンからは電車と徒歩で一時間程度なので、ほどよい距離である。駅を降り、坂道をのぼると、やがて傾斜地にたつ美しい建築が現れる。全体の構成は、四方から中庭を囲み、そこに十字の廊下を入れるというもの。
ネット イルミネーション

家族の命や健康を守ること私

家づくりを見ていて思う事そして重厚感のあるコンクリートの壁、繊細な窓のデザイン、生き物のように奇妙な突起物、地形と絡む斜路、赤青·黄の内壁、そして礼拝堂の天井にうがたれた光の筒。短い字数ではほとんど説明不可能な建築である。シンプルだったモダニズムは、かくも豊饒な複雑さを抱えるに至った。個人的にもひとつの建物を撮影するのに要した写真の枚数の最高記録を打ち立てたのが、ラ·トゥーレットである。へんな基準だが、それだけ見せ場の多い建築なのだ。これは建築を学びはじめて間もない頃、製図の授業で平面図のトレースをさせられた作品でもある。しかし、現地を訪れ、この建物を何も理解していなかったことを思い知らされた。やはり空間を経験すべき作品なのである
ここで二つの情報を得た。ひとつは修道院に宿泊できること。次回は面倒でもぜひ泊まりたいと思った。もうひとつは、一八世紀の建築家クロード·ニコラ·ルドゥーが設計した製塩工場への行き方である。これは工場を中心とした円形都市のユートピアが構想されたことで知られている。見学にきていた韓国人の学生に詳しいことを知っているかと質問すると、近代以前の建築には興味がないという。しかし、筆者は卒業論文で、同時代のフランス建築を調べたこともあって、その場で翌日に行く決心を固めた。問題は交通である。アルケ·スナンという田舎町では、電車の本数が極端に少ない。時刻表を調べると、リヨンからの日帰りでは、どうしても乗り換えで1駅分がつながらない。だが、急遽入れた予定なので、後の影響を少なくするために宿は替えたくない。乗り換えには11時間程度の余裕がある。そこでタクシーがなくとも、一駅分なら歩けばなんとかなるだろうと考えた。
当日、道がわからないので線路の上をひたすら歩いた。誰もいない外国の田舎をひとりで歩くのはさすがにちょっと怖い。途中、『スタンド·バイ·ミー』86ロブ·ライナー監督という映画で、少年たちが線路づたいに歩くシーンがあったことを思い出した。